糖尿病を予防するには? - この酵素を摂取するだけで出産後でも体型が崩れないでいられます!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病を予防するには?

糖尿病を予防するために、一番身近で出来る方法は、食べ物を意識して、運動をすることです。

食事療法の基本は適正なエネルギー量を
バランスよく接種することです。特に海藻類が効果的だと言われています。
摂取量を守り、余分なエネルギー量取りすぎなければ
食べていけないものはありません。

運動療法は、体の余分なエネルギーを運動により消費すると血糖値も下がります。
また、習慣的に運動することでインスリンが効きやすい体質になります。
有酸素運動をすることで、内臓脂肪を減らすことにつながり、インスリンの働きを良くすることができます。
負荷をかけるのは個人ごとに差があるので、自分なりに毎日無理なく続けられる運動を選ぶといいです。

また、あまり知られていませんが、食べる時間も意識することで血糖値を抑制することが出来るのです。
朝起きてから、体が活動するには、糖分が必要となるので
体内にある糖分を使うため血糖値は上がります。
そのため、朝ご飯を食べてないのに太るということが起こりうるわけです。
ですから、朝食はできるだけ早い時間に食べることです。
そうすることで、血糖値の上昇を安定させることができます。
元マラソン選手の谷川真理さんの講演会に参加したときに、コンディションを合わせるのが難しいマラソンと言う競技で、毎日、意識していたことは、朝起きたら、まず、水分を摂ると言うことでした。寝ている間に、血液の濃度が濃くなるため、水分補給することで、緩和されて、薄くなり、適度な濃度になると言われていました。

逆に、夜遅い時間に食事を摂ると、インスリンを分泌するすい臓の活動が鈍くなり、
血糖値があまり下がらなくなります。
ですので、夕食は、できるだけ早く摂るように心がけるといいと思います。
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。